がん専門相談サービス プレミアサポート

 
HOME プレミアサポートとは がん患者専門カウンセラーとは ベストドクターズ・サービス(プレミアタイプ)とは プレミアサポートWEB受付 よくあるご質問
HOME > よくあるご質問

 

プレミアサポートの内容や、個別のサービスメニューに関して寄せられた、主な質問とその回答を紹介します。ご参考になさってください。

サービス全般について


Q このサービスは、誰が利用できるのですか?
Q

『利用規約』はどのように確認できますか?

 
Q サービスはいつ利用することができるのでしょうか?
Q

アフラックのがん保険に加入したけれど、サービスは法研という会社から受けるのでしょうか?

「訪問面談サービス」について


Q がん患者専門カウンセラーとは一体どんな人なのでしょうか?
Q

がん患者専門カウンセラーとの面談には費用がかかるのですか?

Q

一般の方は利用できるのでしょうか?

 
Q 面談に同席者がいる場合はどのように申し込めばいいのですか?
Q

面談ではなく電話で相談したいだけなのですが?

有償サービスについて


Q がん患者専門カウンセラーとの面談は1回となっていますが、どうしても必要な場合、その後の相談はできないのですか?

「専門医紹介」ベストドクターズ・サービス(プレミアタイプ)について


Q ベストドクターズ・サービスは、良い先生・名医を紹介してくれるのですか?
Q

専門医受診の予約までを行ってくれるのですか?

Q

紹介された専門医を受診する際には何を持参すればよいですか?

 
Q 希望地区限定では探せないのでしょうか?
Q

ベストドクターズ・サービスは医師の紹介状をもらえるのですか?

セカンドオピニオンについて


Q セカンドオピニオンとは何ですか?
Q

セカンドオピニオンはいくらかかりますか?

 
Q セカンドオピニオンを受けるにあたり、必要なものは何かありますか?
ページの先頭へ
サービス全般について

Q

このサービスは、誰が利用できるのですか?


A

アフラックの所定のがん保険のうち、一定の条件を満たすご契約の被保険者の方はサービスをご利用いただくことができます。しかし、被保険者様がご病気をご存知でない場合等のやむを得ないご事情がある場合は、ご家族の方よりプレミアサポートセンターへご相談ください。
生命保険証券に同封したご利用案内の中に、ご相談用の「ご連絡先カード」が綴じ込まれています。カードは切り離して携帯することができます。

ページの先頭へ


Q

サービスはいつ利用することができるのでしょうか?


A

アフラックの所定のがん保険のうち、一定の条件を満たすプレミア対象のご契約が責任開始日を迎えてから有効である期間中、サービスをご利用いただくことができます。しかし、失効、解約等、保険契約が有効でなくなった場合は、サービスをご利用いただくことができません。

ページの先頭へ


Q

『利用規約』はどのように確認できますか?


A

利用規約は保険契約が成立し、証券に同封される「プレミアサポートご利用案内」に記載されています。また、利用時の「サービス利用同意書」にも同封されています。

ページの先頭へ


Q

アフラックのがん保険に加入したけれど、サービスは法研という会社から受けるのでしょうか?


A

このたびのプレミアサポートは、アフラックの所定の保険にご加入いただいた方を対象に、アフラックと提携をしている法研がそのサービスの提供を行います。 弊社(法研)は、長年培ってきた健康電話相談のノウハウや、米国ベストドクターズ社の代理店業務の実績を生かして、万一の際にあなたとあなたの家族を支えるプレミアサポートのサービス体制を整えております。どうぞ安心してプレミアサポートをご利用ください。

ページの先頭へ


「訪問面談サービス」について

Q

がん患者専門カウンセラーとは一体どんな人なのでしょうか?


A

看護師資格を有し、5年以上の看護師経験とがんの知識をもった看護師です。これらの看護師は、全て弊社(法研)主催、癌研有明病院の武藤徹一郎院長(当時)の監修の教育プログラムの受講を終了しており、弊社より「がん患者専門カウンセラー」として認定を受けたメンバーです。詳しくはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ


Q

面談に同席者がいる場合はどのように申し込めばいいのですか?


A

がん患者専門カウンセラーと面談日時の打ち合わせをする際に、面談者の氏名・サービス利用者との関係についてお申し出ください。

ページの先頭へ


Q

がん患者専門カウンセラーとの面談には費用がかかるのですか?


A

カウンセラーとの初回の面談は無料ですが、面談者ご自身の面談場所までの交通費や面談中の飲食費は、ご自分でお支払いいただきます。

ページの先頭へ


Q

一般の方は利用できるのでしょうか?


A

ご利用はアフラックの所定のがん保険にご加入の方に限ります。詳しくはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ


Q

面談ではなく電話で相談したいだけなのですが?


A

直接お会いしながらじっくりとご相談をお伺いしたいと考えておりますが、お客様にご都合がおありでしたら、面談の代わりに電話によるご相談としてご利用いただくことも可能です。

ページの先頭へ


有償サービスについて

Q

がん患者専門カウンセラーとの面談は1回となっていますが、どうしても必要な場合、その後の相談はできないのですか?


A

面談の後は、がん患者専門カウンセラーに電話で相談できるフォローコールを2回ご利用いただけます(面談後90日の間)。また、再度面談をご希望される場合は、有償となりますが面談も可能です。

ページの先頭へ


「専門医紹介」ベストドクターズ・サービス(プレミアタイプ)ついて

Q

ベストドクターズ・サービスは、良い先生・名医を紹介してくれるのですか?


A

私どもがベストドクターズ・サービスでご紹介する医師は、「もし“医師自身または家族が専門分野の病気になったら”自分以外の誰に頼みたいか」という視点から各分野の医師を評価していただき、多くの医師から支持された医師です。このようにしてリストアップされた医師の中から、お客様のご希望を伺った上で、最適な医師をお探ししてご案内しています。お客様にとって“良い先生”というのは、お客様が何を大切にしていらっしゃるかによって変わりますが、ご案内いたします医師が、お客様にとって“良い先生”となれば幸いです。

ページの先頭へ


Q

希望地区限定では探せないのでしょうか?


A

ベストドクターズは地域ごとに何名選ぶといったやり方ではなく、あくまでも専門性が高いといった点から選んでいます。そのためお客様がご希望される地域にどうしても求める医師がいないという場合もあります。皆様の希望地区での医師紹介に出来るだけお応えできるようにしたいのですが、単に医師の情報を増やすだけがよいというわけではありません。これからも医師の情報の充実には力を入れてまいりますが、地区を限定したご希望には添えないケースもありますことをご理解ください。

ページの先頭へ


Q

専門医受診の予約までを行ってくれるのですか?


A

専門医の予約は行っていません。患者さんの病状などを専門医にお伝えし、受け入れの可否の確認はしますが、私どもから受診の予約を行うことはできません。郵送いたします「紹介レポート」に専門医を外来受診する方法(もしくは予約方法)が記載されていますので、受診の手続きはご自身で行ってください。

ページの先頭へ


Q

ベストドクターズ・サービスは医師の紹介状をもらえるのですか?


A

ベストドクターズ・サービスとは独自の基準で選定した医師の「学歴・経歴・予約の方法・詳細な連絡先の案内」を提供する情報サービスです。診療情報提供書(いわゆる紹介状)の発行はいたしません。法研からお送りする医師についてのレポートに基づき、ご自身で直接受診してください。

ページの先頭へ


Q

紹介された専門医を受診する際には何を持参すればよいですか?


A

原則として、主治医から「診療情報提供書」を取得(平成23年2月末現在。健康保険が適用でき、3割負担の場合1,500円)して持参します。この「診療情報提供書」には診察内容が記載され、「紹介状」としての扱いになります。専門医によっては、CTなどの画像の持参が必要な場合もありますので、受診する先生にお問い合わせください。

ページの先頭へ


セカンドオピニオンについて

Q

セカンドオピニオンとは何ですか?


A

セカンドオピニオンは「第2の意見」とも言われています。現在の主治医が第1の意見です。セカンドオピニオンとは、お客様本人や、家族の方が、診断や治療法について、主治医とは別に他の医師の意見を聞くことを言います。あくまでも、意見を聞くということで、治療や転院ではありません。セカンドオピニオンを受ける際には、主治医にご自身で、治療方針や疑問や、不安に思っていることなどを聞き、セカンドオピニオンの先生に何を聞きたいのかということを、あらかじめ整理しておくことが大切です。

ページの先頭へ


Q

セカンドオピニオンを受けるにあたり、必要なものは何かありますか?


A

セカンドオピニオンを受けるには、どこの医療機関でも原則として診療情報提供書(いわゆる紹介状)と検査データが必要になります。医師は、紹介状や検査データなどをもとに、今までの経過を含めて、総合的に判断しますので、紹介状をお持ちにならないと経過が分からず、明確な意見を聞くことができないこともあります。

ページの先頭へ


Q セカンドオピニオンはいくらかかりますか?

A

セカンドオピニオンは、セカンドオピニオン外来という専門の外来窓口で受診するケースが一般的です。セカンドオピニオン外来の受診費用は、一般的にどの病院も保険外診療であり、全額自己負担となります。セカンドオピニオン外来を持つ多くの病院のホームページにはセカンドオピニオン受診費用が掲載されており、30分1万円〜3万円程度の受診費用がかかるようです。
本サービスを介してセカンドオピニオンをご利用いただいた場合には、患者様に一旦医療機関へ受診費用をお支払いいただきますが、後日法研が受診費用と同額を患者様にお支払いいたしますので、実質無料でご利用いただけます。
法研から患者様へのお支払は所定の書類が法研に到着後、一か月以内に指定された金融機関口座にお振込みいたします。

 

よくあるご質問


 
法研のヘルスケア事業のご紹介
ページの先頭へ

プレミアサポートとは
プレミアサポートの誕生
プレミアサポートをご利用いただける方は
プレミアサポートご利用の流れ
プレミアサポートのサービスメニュー
サービスのご提供条件

プレミアサポートがお役に立ちます
こんな時にご連絡ください
利用者の声
がん患者さんの現状
こんなサポートが求められている

 

がん患者専門カウンセラーとは
がん患者専門カウンセラーとはこんな人です
がん患者専門カウンセラーの使命
がん患者専門カウンセラーになる

「専門医紹介」ベストドクターズ・サービス(プレミアタイプ)とは
ベストドクターズ・サービス(プレミアタイプ)
ベストドクターズ・サービス利用者の声

 

よくあるご質問
サービス全般について
「訪問面談サービス」について
有償サービスについて
「専門医紹介」ベストドクターズ・サービス
 (プレミアタイプ)について

セカンドオピニオンについて

法研ヘルスケア事業のご案内


プライバシーポリシー